赤水、国の重要文化財になる

月刊りぃ~ど掲載記事
勿来

長久保片雲氏より、

東奥紀行とうおくきこうは、赤水が、四十歳頃まだ高萩で農民でいた時、友人を誘って東北と新潟方面を旅した記録を後年、江戸小石川の藩邸で、甥の中行ちゅうこうにまとめさせたもので、頭注(注記欄)も赤水の指示の下でまとめられたことは間違いありません。私も気が付きませんでしたが、仰せの通り勿来は赤水さんの造語だったことになります。これも含め、赤水さんの史料が今年国の重要文化財になりました」との貴重な話をお聞きしました。